セキュリティ

大切なデータを扱うため、暗号化やIP制限などの機能を搭載

  • ISO27001(ISMS)準拠

    ※運営企業のprimeNumberは
    ISMS取得企業です

  • 2段階認証

  • IP制限

  • 安全なネットワーク

    インターネットから閉ざされたネットワーク内で転送処理が行われます

  • データ・機密情報の暗号化

    転送時のデータは、暗号化通信で保護されます。接続パスワードなどの機密情報もAWS KMSにより暗号化され、インターネットから隔離されたネットワーク内のDBに保存されます

  • 転送ごとに専用サーバを立ち上げ

    troccoではデータ転送のたびに、毎回新しいコンテナを起動します。他社アカウントと完全に隔離されており、リソースの共有はありません。また、転送が完了するとコンテナは破棄されるため、お客様のデータを預かるのは非常に短い設計となっています。

よくあるご質問

なぜパスワードなどの機密情報を登録する必要があるのですか?
データベースやクラウドストレージなどにアクセスしてデータを取得する際に機密情報が必要になります。お客様からお預かりしたパスワードや認証情報は、細心の注意を払って利用させていただきます。
重要な情報を預けることになりますが、セキュリティ面は大丈夫なのでしょうか?
お客様の重要な情報は、暗号化通信を用いて弊社サーバに送信され、インターネットから隔離されたデータベースに保存されます。取り扱いには細心の注意を払っておりますのでご安心ください。また、troccoでは接続情報の権限管理を行うことができます。接続情報は管理者権限を持つユーザーのみが作成・共有可能です。一般ユーザーは共有された接続情報内の機密情報を見ることなく利用することができます。

troccoでの分析基盤構築を
まずは試してみませんか?

具体的な利用イメージが分からない場合もお気軽にお問い合わせください。
データ分析・基盤整備を0からサポートいたします。