データマート生成 (ELT)

SQLエディタで変換処理を書くだけで、DWH上のログをビジネス活用しやすい状態に整備

  • DWH内のデータを変換・集計

    データレイク→データマートの構築が可能に

  • レポート作成の自動化

    分析用レポート・名寄せ処理・不要データの排除

  • DWHにクエリを定期実行

    定期実行・カスタム変数・Slack通知機能などが利用可能

  • ジョブ依存関係

    ワークフロー機能と併用することで、troccoデータ転送後に集計を実行するような依存関係が構築可能

troccoでの分析基盤構築を
まずは試してみませんか?

具体的な利用イメージが分からない場合もお気軽にお問い合わせください。
データ分析・基盤整備を0からサポートいたします。