運用支援 (DevOps)

通知や再実行など、データ分析基盤の運用に必要な支援機能を、エンジニア目線で開発

運用に関する作業は、すべてtroccoの機能で完結します

Embulkなどを使って運用する場合、定期実行やエラー通知など、自前で開発する必要がありますが、troccoを使えば、運用に必要な機能が揃っています。

  • チーム管理

    ユーザー権限管理、転送設定・接続設定共有

  • 定期実行

    任意のスケジュールによる定期実行

  • Slack/メール通知

    エラーだけでなく、件数や実行時間に応じた通知が可能

  • 重複実行防止

    短い期間でスケジューリングされているジョブの重複実行を防止

troccoでの分析基盤構築を
まずは試してみませんか?

具体的な利用イメージが分からない場合もお気軽にお問い合わせください。
データ分析・基盤整備を0からサポートいたします。