エンジニア工数90%カット
最短5分ではじめられる

"日本発"の分析基盤向け
データ統合自動化サービス

trocco(トロッコ)

200以上の組み合わせに対応

200以上の組み合わせに対応

troccoご利用企業は100社以上

※2019年7月現在・導入企業(一部)

JapanTaxi スマートエデュケーション Taskey

troccoは業界一の速度を誇る
高度なETLまで可能なデータ統合サービスです

手軽さだけじゃない「かゆいところに手が届く」機能がいっぱい。
データエンジニアリングに必要な機能を、ゼロから考え直しました。

  • 業界一の転送速度
  • 200以上の転送元・転送先
  • 高度なETL
  • 柔軟な通知・スケジュール管理
  • API連携
  • Embulkの詳細設定

troccoが選ばれる3つの理由

データエンジニアの目線に立って、データの運用・可用性についてゼロから考え直しました。
その結果ただのジョブ管理だけではなく、データ運用に必要なサポート機能をご用意しております。詳しくはこちら

90%以上の大幅な
開発工数をカット
  • 毎月の作業を「5時間以内」に抑えられる
  • 手作業でのデータ移行も不要
専門知識不要でも
最短5分で利用可能
  • プログラミングなどの専門知識は不要
  • 重要な分析にだけ時間を注げる
初期費用0円
安心の月額定額課金
  • 大きな初期費用は一切不要
  • 不明点は、日本語サポートにチャットで問い合わせ可能

こんなお悩みはありませんか?

よくあるデータ分析の悩み

  • 自社でゼロからデータ分析の為の基盤を構築するのは膨大なコストがかかる
  • データ転送の度に手作業が発生するような「アナログ運用」に時間をかけられない
  • なるべくエンジニアには「作業」ではなく「開発」に専念させたい

ビッグデータの分析ニーズは爆発的に伸びているのに、
本来必要な「分析」が満足にできていない…。

troccoでまるごと解決

データ分析に必要な手間のかかる「データの変換・統合」作業を90%以上削減します

優れた分析を行うために必要なデータの「変換・統合」
に関する作業を全て完全自動化できるので
「本当に必要な分析だけ」に集中できるようになります。

導入事例

troccoご利用企業は100社以上

(2019年7月現在)

「これでやっと本来必要な分析だけに集中できる」
というお声をこれまでにたくさんいただいています。

よくある質問

料金・プラン詳細を教えてください

プランをご覧ください。

利用したいデータソース(転送元・転送先)がありません

対応データソースは随時追加されていきます。お問い合わせよりご連絡頂ければ、優先して対応出来る場合がございますので、是非ご連絡ください。その他機能追加の要望等もお気軽にご連絡ください。

オンプレからの転送には対応してますか?

はい、対応しております。技術的な要件によっては利用できない場合もございますので、まずはお問い合わせよりご連絡ください。

なぜパスワードなどの機密情報を登録する必要があるのですか?

troccoではお客さまのデータを転送するため、データベースやクラウドストレージ等にアクセスしてデータを取得する必要がございます。
そのためお客様からお預かりしたパスワードや認証情報を、最低限の用途で、最新の注意を払って利用させて頂きます。

重要な情報を預けることになりますが、セキュリティ面は大丈夫なのでしょうか?

お客様の重要な情報は、暗号化通信を用いて弊社サーバに送信され、データはインターネットから隔離されたデータベースに保存されます。取扱には細心の注意を払っておりますので、ご安心ください。
また、troccoでは接続情報の権限管理を行うことが出来ます。接続情報は管理者権限を持つユーザーのみが作成・共有可能です。一般ユーザーは共有された接続情報内の機密情報を見ることなく、利用することが出来ます。

最新情報

troccoは日々更新されています。
最新情報はtrocco公式Twitterよりご確認ください。

troccoでデータ統合を『完全自動化』して
本当に必要な分析だけに集中しませんか?