データを整え、売上を最大化する。

営業・営業企画部門でのtrocco®活用イメージ

営業・営業企画部門でよくあるデータ課題

  • 売上・営業活動データが分断しており 活動成果が不透明

    実際の営業活動(訪問や電話など)がどれだけ売り上げに貢献しているかわからず、適切な中間KPIが設定できない

  • 部署間のデータ連携ができず 横断的な取り組みがしづらい

    顧客行動のオンライン化が進んだことで従来の営業活動では成果が出ず、マーケティング活動と連携した営業活動を行いたいがうまくいっていない

  • 関連データの可視化ができていないので レポート作成が辛い

    営業結果報告のためのレポート作成に、時間と工数がとられている

解決のポイント

  • 関連データを連携させることで、複合要因の分析を可能に
  • 異なる部門のデータも集約・モニタリングし、組織を横断した連携を実現
  • 各所に散らばったデータを統合し、自動で可視化されるレポーティング環境に

trocco®の導入効果

無駄な時間や行動を省き、
効率的な営業・営業企画を支援します。

trocco®は、営業で利用しているCRM・SFA(Salesforce・kintone・eセールスマネージャーなど)だけではなく、MySQLなどの基幹DBに保存されている 関連データ、マーケティングで利用しているMAツール(Marketo、HubSpotなど)、個人が管理しているスプレッドシートなどのデータも自動で連携・統合。
各人がデータに横断的にアクセスできる状態にすることで、ビジネス全体における営業活動の相互作用を俯瞰し、効率よくアクションを改善できる環境を作り上げます。 必要なデータが一元化されていれば、レポートのために逐一データを集めたり、数値のつじつま合わせに頭を悩ませたりする必要もありません。

導入・改善インパクト

  • 売上データと営業データを紐付けて、売上にインパクトを与える行動を促すKPIに変更。 その結果、営業売上が向上
  • 必要なデータを自動で連携できる仕組みを構成。 全営業が同じデータを参照できるようになり、報告のために数値をまとめていた時間が0に

主な活用機能

  • ETL
    散在したデータを抽出・加工し統合
  • データマート
    DWH上のデータを活用しやすい状態に変換・整備
  • ワークフロー
    定期実行をセットすることで、自動で最新データを同期